赤ちゃん

赤ちゃんの便秘もベイビー専用の水でミルク作りもネセサリー

ベビーオイルの効果

赤ちゃん

ベビーオイルは赤ちゃんが使うものだと思われていたがそうではない。安くて量も多くて安くてどこでも手に入ってそして長持ちする。保湿効果もしっかりしていて肌にも優しい。なので大人が使うにも十分なほど高性能である。

» 詳細へ

肌荒れ予防に効く

赤ちゃん

赤ん坊の肌荒れがひどくなってくると湿疹などができることがあります。そうしたことがなる前にきちんとベビーローションなどを使って、肌をケアするようにしましょう。ベビーローションならば、添加物も少なく、低刺激ですのでおすすめです。

» 詳細へ

ミルクに適した水

赤ちゃん

赤ちゃんの調乳、離乳食作りに適した水は、弱アルカリ性の軟水が最適です。硬度の高いミネラルウォーターは赤ちゃんの内臓に負担になり、お腹を壊す原因になりかねないので、使用には十分注意が必要です。

» 詳細へ

赤ちゃんの便秘を防ぐ

赤ちゃんの便秘にはこちらで紹介している商品を利用するのがオススメです。優しく腸内環境を整えてあげましょう。

赤ちゃんの便秘の原因は

赤ちゃん

赤ちゃんの便秘の原因は月齢によって異なってきます。まず離乳食を食べ始めていない乳児期の便秘は腸が発達していくためのもの、また、母乳を摂取する回数が減ることによる母乳不足によるものが多いとされています。 離乳食を食べ始めると、腸内に変化が起こり始め、どうしても便がたまりやすくなってしまいます。主にこれが原因ですが、毎日便が出ていなくてもあまり心配はありません。 離乳食から一般食へ移行する時期は食べる量が少なかったり、水分不足によるものが多いです。特に食べるものが少なくなってしまっている場合には、排便を促す役割のある食物繊維の不足が原因となっていることもあります。そのためこの時期は食事や水分の量に気を付ける必要があります。

対策はどうすればよいのか

それでは、これらの赤ちゃんの便秘対策はどのように行えば良いのでしょうか。 乳児期は主に赤ちゃんをマッサージしてあげることで症状を軽くしてあげることが出来ます。お腹をなでてあげたり、軽く体を動かしてあげると軽減させることが出来ます。 離乳食を食べ始めた時期なら、水分不足を解消するのが一番の解決方法です。特に乳酸菌を多く含んだ飲み物や固形物でない食べ物をあげると良いでしょう。 一般食に移行し始める時期は原因が食事量・水分量にあるものなので、まず水分不足を解消してあげること、また排便を促す食物繊維を多く含む食べ物を上げることが良いでしょう。 最近では、赤ちゃんの食事や飲み物に混ぜることで便秘解消に効果を発揮する商品が販売されています。乳酸菌やオリゴ糖などが配合されているので、赤ちゃんへの害も気にせず与える事が出来るでしょう。